Radiation2 copy

放射線量測定検査

放射線量測定検査

放射線量測定検査

2011年に起きた東日本大震災での福島第一原子力発電所の被害を受けて、日本港運協会は、すべての輸出車両に対して港湾施設内への搬入時に放射線汚染検査の実施を義務付けました。JEVIC(以下「弊社」)は日本各地で貨物、コンテナや船舶の放射能表面汚染検査を提供する技能と経験を兼ね備えている検査機関であることが同協会により承認されています。このサービスは、車両、重機や小分けの積荷のみならず、コンテナ貨物や貨物船に対しても行っております。

また、弊社は放射線量検査の実施についてISO/IEC 17020の認定をいただいております。 

弊社の放射線量検査は以下のようになっています。

  • 適切に校正された機器を使用して放射線量を測定します。
  • 検査完了時に輸出業者に対し放射線量検査証明書の原本をご提供します。
  • 料金の支払い等で必要な場合に放射線量検査証明書のコピーをご提供します。
  • 危険なレベルの放射線量が検出されなかった貨物には”Radiation Free”のステッカー等を貼付します。
  • 国際海上危険物規則(IMDGコード)およびIAEA安全基準に基づいた基準で検査します。

ご不明な点や詳細については、お気軽にお問合せください。